企業様に必要な高齢者サポートを


企業にとって高齢者の方々は大切なお客様です。デジタルの進化によってアプリが主流となり紙媒体が減っていく世の中、高齢者へのサポートが必要不可欠になりました。

 

しかし普段から高齢者に接していないと

企業の方々が想像する高齢者の心身の状況や生活状態が、実際の高齢者とかけ離れてしまいせっかく作ったサービスも高齢者の利用が少なかったり、使い方が分からないが故に高齢者が電話でサポートを求め、対応に追われることも多々あるようです。

 

高齢者が店舗でアプリの登録を促され、帰宅後にカードを登録するように言われたけれども意味が分からないとスマホ教室で相談される事も多いです。


アプリの相談窓口の事例


コープこうべアプリの高齢者相談窓口の依頼

兵庫県にあるコープリビング甲南店様より依頼をいただき、所定の日時に相談窓口を店舗に設けて頂き、対応させていただきました。アプリのバージョンアップやセキュリティ強化より高齢者が戸惑われサービスカウンターに相談され、サービスカウンターの方はさらに業務量が増えてしまうため大変になっていました。当団体ご利用いただく事で普段から高齢者にスマホ操作をお伝えしている講師が対応させて頂き、高齢者の方々からは「とても分かりやすい」と好評でした。

ここがABCの位置


高齢者へのデジタルアンケート回答のお手伝い


 

総務省請負事業「デジタル・シティズンシップの考え方を踏まえたICTリテラシーの向上に関する調査研究」の取り組みの一環として 

アディッシュ株式会社様・エースチャイルド株式会社様・アディッシュプラス株式会社様よりご相談いただき、高齢者へアンケートをお手伝いをさせていただきました。

 

高齢者へアンケートを取りたくても、企業側からは想像できないハードルがいくつもあります。それを担当者様にお伝えさせていただき、高齢者が負担少なく回答できるようにサポートをさせていただきました。

 


企業様の顧客様へ満足度の高いサービスの提供


 大阪信用金庫さまのCSRご担当者様からの依頼

特に銀行様は顧客の方々にデジタル詐欺に遭わないように学ぶ機会を作る事が大切な時代です。大阪信用金庫様からは1年を通して全店舗にてリアル教室またはオンライン教室を依頼いただき、デジタル詐欺への注意喚起を含めたセミナーを開催させていただきました。

大変ご好評をいただきました。他の企業様にも必要なプログラムだと思います。